石黒産業エクステリアカタログVol.8
32/88

ガッチリした基礎が手早く確実につくれます。基礎工事の工程が簡略化され、工期の大幅短縮が可能になり施工費のコストダウンに繋がります。Base Kin Blockベース筋ブロック■施工手順生コンクリートを打設し、バイブレーターや突き棒を用い細部まで充分に行き渡らせます。縦筋(L型)と配力筋(2本)をガイド溝にはめ込むだけ。従来工法のように面倒な組み立てや位置決めは不要です。生コン打設後、すぐにブロックの組積が開始できます。従来工法にない大きな特徴です。ベース筋ブロック側面を埋戻し、固定します。足下が作業しやすくなります。クラッシャーラン転圧後、高さ微調整用の砂などを必要箇所に敷き、水糸に合わせて並べます。目地は不要です。ブロックの天端に合わせてコンクリートの表面をならします。426315配筋完了縦筋(L型)配力筋(2本)裾 付埋 戻打設完了生コン打設組積開始鉄筋セットジタンシリーズ簡単施工+時間短縮コンクリート時間短縮簡単施工Block組積材レンガ舗装材石 材その他EXTERIOR CATALOG Vol.8ベース筋ブロック30

元のページ  ../index.html#32

このブックを見る