石黒産業エクステリアカタログVol.8
78/88

【布基礎】●布基礎に型枠状コンクリートブロックを使用することができます。その場合は防水性を有するものを使用し、打ち込みコンクリートの厚さは塀の厚さよりも30㎜引いた数値以上としてください。b t D Df b B s s 130㎜以上130㎜以上t D Df e 型枠状コンクリートブロック b t D Df b B s s 130㎜以上130㎜以上D Df e t b B s 400㎜以上 D Df e t D : 基礎のせいDf: 根入れe : 基礎スラブ=150㎜以上B : 基礎スラブ幅=b+260、b+400㎜以上S : 基礎スラブ張り出し幅=130、400㎜以上b : 立上がり部分の幅=t以上t : ブロック壁体の厚さ【配筋】●横筋はD10以上のものを800㎜以下の間隔で配筋してください。縦筋は下表を参照してください。控壁・控柱ブロック塀の高さ補強ブロック塀型枠状ブロックを使用する場合空洞ブロックを使用する場合化粧ブロックを使用する場合縦筋間隔(㎜)ブロックの長さ(㎜)縦筋間隔(㎜)縦筋間隔(㎜)付き1.6m以下800400、500、600600400900450(900)1.6m〜2.2m400400、500、600600400900450(900)なし1.2m以下800400、500、600600400900450(900)1.2m〜1.6m400(800)400、500、600400(600)(400)900(450)表-4 ブロック塀の配筋間隔※( )内の数値はD13使用の場合の間隔●基礎のベース筋はD10以上の鉄筋を500㎜以下の間隔で配筋し、先端にはD10以上の配力筋を配筋してください。●縦筋は基礎に定着し、壁頂は横筋に180°もしくは90°フック(余長10d)してください(図-3)。●塀の基礎の配筋はD10以上の主筋を使用し、D10以上のあばら筋を500㎜以下の間隔で配筋してください。●門柱の基礎は、高さ150㎜以上の基礎スラブ(フーチング)を周囲(4周)に130㎜以上張り出して設けることを原則としてください。130㎜以上 130㎜以上 Df:根入れ 150㎜以上 図-2 塀の基礎図-4 門柱の基礎●門柱の基礎の形状、施工高および根入れについては(表-5,6)を参照してください。門柱の高さ1.4〜1.6m以下1.6〜1.8m以下1.8〜2.2m以下塀の基礎形状I形逆T・L形I形逆T・L形I形逆T・L形根入れ深さ(㎜)普通土450400550450700650良質土400400400400550500表-5 門柱の基礎と施工高さ門柱の高さ1.4m以下1.4〜1.6m以下1.6〜1.8m以下1.8〜2.2m以下塀の基礎形状I形逆T・L形I形逆T・L形I形逆T・L形I形逆T・L形根入れ深さ(㎜)普通土550400600500700600––良質土400400450400500450600550表-6 張出しフーチングの無い門柱の最小根入れD10 D13 D10 150 400 400 450 25d 25d D13 D13 壁頂は横筋に180°フックまたは90°フック(余長10d)縦筋は基礎に定着400~800以下400図-3 ブロック塀の配筋例EXTERIOR CATALOG Vol.876

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る