石黒産業エクステリアカタログVol.8
79/88

【控壁・控柱】●高さ1.2mを超える塀は3.4mごとに控壁または控柱を設けてください(図-5)。ただし、改良土の場合や逆T形・L形基礎で、所定の規準を満たした場合には、高さ1.6mまで控壁(控柱)なしで施工できます。▶P.75 表-1●塀の端部より800㎜以内に控壁または控柱を付けてください。ブロックの厚さ以上 3.4m以内 800㎜以内 400㎜以上 ブロックの厚さ 化粧または 型枠状コンクリートブロック (全充填) 図-5 型枠状コンクリートブロックを使用した控壁の例●控壁の縦筋は1.8m以下はD10、1.8mを超える場合はD13、横筋は800㎜以下で配筋をしてください。●控壁が片側の場合は壁面より400㎜以上、両側の場合は各200㎜以上突き出して、高さは塀の高さよりも450㎜以上下げることはできません。●控柱の縦筋は1.8m以下はD13(4本)、1.8mを超える場合はD16(4本)、帯筋は150㎜以下で配筋してください。140㎜ B=250㎜ 3.4m以内 D=250㎜ ブロックの厚さ 鉄筋コンクリート造控柱 主筋 D13またはD16 帯筋 D10-@150 図-6 1.8m程度の塀の控柱の例【鉄筋のかぶり厚さ】●鉄筋のモルタルまたはコンクリートのかぶり厚さは、下表を参照してください。構造部分かぶり厚さ(㎜)壁・ブロック造の控壁または門柱20(フェイスシェルの厚さを除く)鉄筋コンクリート造の控壁または控柱30直接土に接する鉄筋コンクリート造の控壁、控柱、門柱の基礎および基礎の立ち上がり部分40基礎スラブ60(捨てコンクリート部分を除く)直接土に接する型枠状コンクリートブロック造の基礎の立ち上がり部分40(フェイスシェルの厚さの1/2を含む)表-7 鉄筋のかぶり厚さ【側溝に接した塀の高さの測り方】●溝の底面から計測してください。なお、JIS A 5372付属書E(路面排水溝類)の規格に適合するもの、あるいはこれと同等以上の品質を有するものを使用する場合は、上端面より計測できます。塀の高さ簡易な側溝 塀の高さ鉄筋コンクリートU型 ※鉄筋省略 図-7 側溝わきの溝【エキスパンションジョイント】●壁は長さ30m以内ごとにエキスパンションジョイント(伸縮目地)を設けてください。30m以内 エキスパンションジョイントエキスパンションジョイント図-8 エキスパンションジョイント最上段 2個以上の連続 最下段 図-9 透かしブロックの施工位置【透かしブロック】●縦筋が挿入できる形状の物として2個以上の連結、塀の最上段・最下段また端部に配置しないでください。77

元のページ  ../index.html#79

このブックを見る